上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.27 再スタート
今日19時ブエノスを出てパラグアイ・アスンシオンへ移動します。
色々再スタート準備したブエノス、荷物盗られて以降バッグ無しの状態だったんでバッグパック購入。
3週間ぶりの洗濯をするべく上だけ変えのロンTを購入、パンツ購入、スカイプ用のヘッドセット購入
あとは宿のFreeBOXからダウンジャケットとフリースGET
今唯一ある下のズボンがアラビアパンツといかにも異国人なんで古着か安いデニムをどこでほしいとこ

写真もUPしたいけどパソコンへ取り込む機器持ってないからできないのね
とりあえず今日移動
スポンサーサイト
在アルゼンチン大使館で本当傷癒され、パスポートも朝行って夕方には出来上がってた。
所持金が不足しているからパスポート代金も払えなかったのに移動費のお金まで貸してくれた。
帰国してから返すかまたブエノスまで来ないといけないけど仕方ない。
早い段階で返済したい(利息に日が経つと延滞金まで取られていくシステム)
カードもないからブエノス居てもある金でやらないといけないし早いとこカード受け取りに今度はサンチャゴ大使館に向かいます。
今の日本に期待できそうになかったから日本出てみたのに、本当日本国にお世話になってしまってる俺
早く日本帰りたい今日この頃
タイトル通りです。
事の発端は所持品の9割が盗まれました事による精神力の低下と観光するという好奇心の低下です。
健康面は問題ないんだけどね

場所:プエルトマドリンの安宿

状況:ホテルに着いてその時点で客は複数あるドミトリー部屋を一人ずつ使用している状況
   もちろん自分も5ベッドあるうちの一部屋を占領してたんだけど夜10時半頃今思えば旅行者ではない宿泊客(荷物が無さすぎ、ハンドバッグみたいなカバン一つ)が同じ部屋の空いているベッドにきたスタッフと共に。
 彼は疲れていたのかすぐ眠りについて自分は翌日参加するツアーの準備とそれなりのセキュリティをして就寝

問題点:自分のセキュリティが甘かったのは今思えばそう思う、ベッドにメインとサブのバッグをワイヤーロックを括りつけてもちろん開閉できないようにチャックのとこにもカギしてたが、ワイヤーロックを掛けるとこが甘かった・・・リュックの肩紐のところに掛けていたことによる紐の切断か調整するところを伝って解いたのかそれだと思う、下手にセーフティBOX使うのも怖かった、今思えばスタッフに見ててもらうかBOXいれておけば良かった)

ツアーを夕方6時頃終え、帰宅後60Lのメインバック、PC、パスポート、クラジットカードetcを入れておいたサブ両方とも消えていた。
客が出発する状況を見ていたわけでもなく(どこもそんな感じ、チェックインの時にお金払ってチェックアウトはカギ置いていって自由ってところばかし)真相はわかんないけど自分の判断で犯人はスタッフではなく夜遅く1泊だけした客だと。スタッフは親切だったしその後も日本への電話代とかくれたしそう思いたい。

無くしたもの:ある物を書いた方が早いか!

カメラ、ウエストバッグ、アイポッド、会話帳、歩き方、シャンプー、歯ブラシ、速乾タオル、US300ドルくらい、ブラジルマネー、チリマネー、アルゼンチンマネー小額、服類は防寒はしっかりしてたから問題なし、サンダル、食料 そんなところか。

PCとハードディスクを同時に失って今までの記録の写真が消え去った、パスポート、カード、頼まれてたお土産類、他国の歩き方、痛手を負ったなーーーー
泣くに泣けねーや。

書きたい事自分の心境色々あるけどシンドイから今は無しで。

今後の予定:手持ちのお金で今ブエノスアイレスまで到着、大使館には金曜電話し月曜日行く事を伝え、パスポートの再発行をお願いした。
現時点ではその後チリ・サンチャゴへ以前送ってもらった国際キャッシュを取りに行くのには手持ちの資金でなんとかありそうだから取りに行って、飛行機のチケット次第だけど早い段階で帰国を考えている。
現在所持飛行機チケットのルート的にはペルーリマまでは陸路で行かないといけないと思う。

今の心境・予定はそんなとこ。






昨日まで風邪でダウンしてて、今日観光してきたんで更新
現在地カラファテ、ペリトモレノ氷河へ行ってきた


チリとアルゼンチンの国境 チリ側


アルゼンチン入国側




カラファテ


カラファテやたら犬多い!!別に野犬とかじゃなくて首輪してあったりしてるから大して凶暴でもないんだけど本当街中犬だらけ



カラファテから80kmくらいのところにあるロス・グラシアレス国立公園ペリトモレノ氷河へ
チケットが糞高かった75ペソ アルゼンチン学生のみ学割利くって知ってたけど(ちらっと見たら8ペソ!)俺のstudentCardでは日本の大学だし無理やったわ・・・














立派な氷河の崩落こそ見れなかったけど何回かショボい崩落見れたから良しとして明日カラファテを出ます。
北上してプエルトマドリン、バルデス半島がなにやら世界遺産、今の時期クジラがやってきているらしく岸からでも拝めるらしい

大分北上するから温かく感じられると嬉しいな
2010.06.28 ウシュアイア
ブエノスアイレスを12時25分発ウシュアイア4時頃着
退屈な3時間強、寝たり音楽聴いたりとやり過ごしていると
分厚い雲の下にはパタゴニア地方が広がっていた



いかにも寒そうっしょ


いやーそりゃ寒い。でも北海道と比べるとどうって事ない感じ
防寒具フル装備したらNo problem まだまだ寒くなってもいけそう

宿(ウシュアイアには有名な日本人宿あるけどセントロからわりかし離れていてこの時期バスなかなかこなそうだしセントロにある宿に泊まった)


夕方6時にもなると真っ暗になって地面もアイスバーン状態だから出歩くの厳しいよ
で翌日観光 日の出も9時すぎでやっと明るくなってくる










セント・クリストファー号


こんな寒い時期に行くようなとこじゃないかなって思っていたけど
行ってよかった、結構ツアー参加者いるし。


野良犬?かしらないけど人懐っこいハスキー犬でカワイかった


どんなツアーかというと「ビーグル水道」ツアー
こんな時期に船乗るって頭悪いっしょ でも行ってよかったんだからそれで良し




うじゃうじゃいるよ


こんな感じに




島を点々と周りながら進んでいく


何か集まってるのは


ちょうどこの時南アフリカではアルゼンチンvsメキシコの試合中で船上でも点入るたんびにハッスルしてた






及ちゃんエクレルール灯台やで


最後は島に下りて散策
この時間帯になると半端なく寒い、周り海の島だしね






船内では紅茶、コーヒー、お菓子もでて参加してよかったツアーでした。

明日移動するか明後日移動するか、どこへ移動できるか全然調べてないけど行けるならプエルト・ナタレス(チリ側)へ行きたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。